高知の日曜市・ひろめ市場周辺に行ってきた。中心地に行くなら外せない観光スポット

高知の日曜市

高知の中心地に行ったなら必ず寄りたい『日曜市』。

今回の一番の目的は、旬の文旦を購入すること!!

日曜なのに早起きして約2時間の早朝ドライブ。

まだ、薄暗いなか朝焼けと共に出発です♪


日曜市とは

300年以上も歴史があるそうで、名前の通り毎週日曜日に、商店街近くの追手筋通りで行われている、今でいう“マルシェ”です!(よさこい祭りの期間を除く)

距離にして約1300m、400件以上の店が道の両サイドに並び、地元の人達をはじめ多くの観光客で賑わっています。

日曜市に並んでいる主なジャンルは以下の通り

  • 八百屋
  • 海鮮干物屋
  • 果物屋
  • 植木屋(花屋)
  • 金物屋
  • パン屋 など

高知の郷土料理の田舎寿司や、フルーツトマトなどの名産品が売られていて、ウィンドウショッピングするだけでも楽しいですよ!

いざ、日曜市へ!

高知インターチェンジを降りて、下道を走ること約30分。

駐車所は、高知県庁の駐車場や駐車可能区間が無料で停めれますが、混んでいるのでいつも日曜市周辺のコインパーキングに停めています。

料金に上限があるところもありますし、長く停めていても3時間程度なので料金は500円ぐらいです。

まだ朝の8時過ぎだというのに、日曜市は既にたくさんの人たちでごった返していました!

すぐ隣を商店街が通っているくらい、中心地なのでホテルも多く観光客がいっぱい。

外国人観光客も多かったですよ!!

高知の日曜市に行ってきました

こんな感じで、ずらーっとお店が並んでます。

ワクワクしますね!!

日曜市と言えば芋天

まずは、定番のさつまいもの天ぷら!!

衣に味がついていて美味しい♪

芋の天ぷらには行列 揚げたての芋天は熱々

もちろん揚げたてなので、ふぅ~ふぅ~しながら食べます!!

高知のフルーツトマト

見て下さい!! この宝石のようなフルーツトマト!

ピカピカしてます!!

たっぷりはいった文旦

無事に文旦も購入出来ました!

皮をむくのが大変ですが、美味しいです♪

高知の田舎寿司

これが田舎寿司!!

生魚を使わない珍しいお寿司です!!

独特ですよね♪

日曜市には干物もありますよ

こちらは、魚の干物が売られています!

焼いて食べると間違いなくおいしい分ですね♪

今回購入したのはこちら↓↓↓

  • ワラビ
  • 紅はるか(さつまいも)
  • パン
  • 文旦
  • 菜の花
  • 芋けんぴ

日曜市には宅急便会社のブースもあり、買ったものは宅急便で発送可能ですよ!

買い物中、お店のおばちゃん達との会話が楽しいです!

しかし、3月間近とは言え、まだまだ空気は冷たい!!

1日中外で座っているのは大変そう。

魚をアテに朝から飲める、ひろめ市場

こちらは、ひろめ市場

日曜市を高知城方面に歩いていると、『ひろめ市場』が見えてきます。

ひろめ市場で売られているお寿司

お寿司などの海鮮ものが、パック詰めにされて販売されています!

ひろめ市場の明神丸

土佐名物のカツオのタタキで有名な明神丸さんも、ひろめ市場内に出店しています。

ひろめ市場の通路です

通路にテーブルと椅子が設置されているので、買ってその場で食べることが出来ますよ!!

生ビールもその辺のお店で購入可能♪

みなさん、朝っぱらからデカジョッキでしたね(笑

今日のお宝は?

今日のお宝は、お店のおばあちゃんたちの笑顔ですね!!

生き生きとしていて、日曜市で働くのを楽しんでいるのが伝わってきました♪

おばあちゃん達に話しかけると、高知の方言で返ってくるんですよ!

自分の住んでいるところから、車でたった2時間程度の場所なのに、目に入ってくるもの・耳に入ってくることがちよっとずつ違っていて新鮮でした!!

日曜市ってほんと良い文化!

地元の人たちの台所として、観光スポットとしてこれからも長く続いてもらいたいです!

スポンサーリンク

高知の日曜市



Love Your Life!!
ニュースレター

トレジャーハンターなライフスタイルの楽しみ方♪

苗字(必須)

Emailアドレス(必須)