台湾の九份へ行きました!千と千尋の世界が広がるワンダーランド

台湾の九份

今回の台湾旅行で、一番楽しみにしていた九份。

『千と千尋の神隠し』のモデルになったと言われ、日本人には大人気の観光スポットです!

ネットで見て、いつか行きたいと思いっていた場所。

思っていたより早く、願いが叶いました。


台湾の九份は、まるで『千と千尋の神隠し』の世界!

九份への行き方

九份への行き方は、主に次の方法があります。

  • 忠孝復興駅付近のバス停からバスに乗る
  • 台北火車站から電車で瑞芳火車站へ行き、タクシーorバスに乗る
  • タクシーを利用する
  • ツアーを利用する

バスや電車で行く方法は、安いですが2時間近くかかります。

しかも、今回はゴールデンウィークの真っ只中。

初めての台湾ですし、現地ガイドさんから、むちゃくちゃ混んでいると聞いていたので、安心を買う意味も込めてツアーを利用しました!

帰りのバスに注意

バスで行く人は、帰りの便に気をつけて下さい。

検索をかけると、人が多くてバスに乗れない人や、ぼったくりタクシーの話が多く出てきます。

九份老街(セブンイレブンの近く)のバス停から乗るほうが、人が少なくて乗りやすいそうです。

意外に広い九份

もっと小じんまりした所かと思っていましたが、思っていた以上に広かったですね!!

お茶を楽しんだりして、ゆっくりしたいなら3時間はみておいた方がいいでしょう。

基山街と豎崎路が主な通りとなっていて、両サイドにずらーっとお店が並んでいます。

ガイドさんから、細かい路地には入らないように注意されました。

むかし、神隠しにあった日本人がいるみたいです(汗

まずは豎崎路へ

バスの駐車場から豎崎路へ向かいます

バスの駐車場から、歩いて豎崎路に向かいます!

豎崎路の入り口のポリスステーション

こちらは、豎崎路の入り口のポリスステーション。

車がバンバン通るので、道路を渡る際は注意が必要です。

豎崎路の広場 豎崎路の赤提灯

ちょっとした広場があり、撮影スポットとなっています!!

既にすごい人(汗

湯婆婆の館と言われている阿妹茶酒館 阿妹茶酒館では、実際にお茶が飲めます

少し階段を登ると、『千と千尋の神隠し』の湯婆婆の屋敷のモデルと言われる、阿妹茶酒館が見えてきます♪

赤の提灯と建物が、いい雰囲気をかもし出しています!

九份のメインストリート・基山街

お土産屋さんが並ぶ基山街

お土産屋さんや、食事処が並んでいる通りです。

強烈な臭豆腐の匂いも漂い、ディープな台湾を感じられます!!

名物の草餅

人が並んでいたので、覗いてみると草餅です!

味が数種類ありましたが、見た目がオーソドックスなものを選び、歩きながら頂きます♪

名物の芋団子も食べたかったのですが、残念ながらお腹いっぱいで断念(汗

次回に持ち越しです!

日暮れの九份は最高

夕方になると、提灯に灯りがつきます 日が暮れ、幻想的な雰囲気に

提灯に日が灯る、夕方がオススメです!

情緒あふれる、何とも言えない雰囲気に包まれます♪

ゴールデンウィークの九份は激混み

帰りの豎崎路は、相当混んでましたね。

進まないの後ろから押されて、将棋倒しにならないか少し心配でした!

小さなお子さん連れの人は、注意が必要ですね。

大型連休時は、ツアーの集合時間や、電車・バスの時間に遅れないように、余裕をもって行動するようにしたいですね!

スリに注意

財布がなくなると、せっかくの旅行が台無しですからね!

海外でズボンの後ろポケットに財布を入れてるなんて、もうスッてくれと言っているようなものですが、意外に目にします。

観光地ではどこもそうですが、スリには注意して下さい!

押し合いへし合いになるような場所では、荷物を前に持つなど自衛が必要です。

雨に注意

九份は雨の多い地方で、突然天気がくずれる日もあります。

100円ショップで買える、カッパやポンチョをがあれば安心。

また、台湾はスコールの様に突然激しい雨が降ってくるので、雨具を鞄の中に入れて持ち歩くことをオススメします!

車酔い

九份への道は、山道になっています。

さほど高い山ではないですし、急なカーブではないですが、乗り物酔いしやすい人は予め酔い止め薬を飲んでおきましょう。

自分の前に座っていた女性は、着いた途端道路に座りこんでいて、可愛そうでした。。。

帰りのバスでは、復活していましたが(笑

今日のお宝は?

死ぬまでに行きたい場所だった『九份』!!

提灯に火が灯り、辺りが徐々に暗くなっていく光景は、一生忘れない思い出になりました♪

台湾に行くなら、絶対に行ってもらいたいスポットです。

スポンサーリンク

台湾の九份



Love Your Life!!
ニュースレター

トレジャーハンターなライフスタイルの楽しみ方♪

苗字(必須)

Emailアドレス(必須)