ImageOptimの設定を変えると、圧縮率が劇的に上がり大満足

ImageOptimの設定を変える

ブログで使う写真は、iPhoneで撮影したものを、MacBookに取り込みリサイズ・リネームと圧縮をしてUPしています。

表示速度を早めるためにも、サーバーの容量を減らさないためにも、極力画像は圧縮しておきたいところ。

しかし、ImageOptimの圧縮率がイマイチで、あまり軽くならないと思ったら。。。

ちょっと設定を変えたら、圧縮率が劇的に改善されたマヌケな話です(笑)


ImageOptimの設定を変えて圧縮率を上げよう

ImageOptimの設定を変える前は、圧縮出来るのが10%程度で、前々からおかしいと思ってたんですよね(汗)

検索をかけると、「ImageOptimがあれば、他の有料アプリはいらない!」など、べた褒めなのに。。。

設定変更前の圧縮率

ImageOptimの実験用サンプル画像

今回は、サンプル画像として、こちらのキレイな瀬戸内海の写真を使い、実際に設定を変える前と、変えた後を比較してみましょう。

スマホで撮った画像は大きすぎるので、とりあえずiMage Toolsでブログに使うサイズ(800 × 450)に変換しておきます。

補足
スマホの写真は、圧縮してリサイズするより、先にリサイズして圧縮した方が、自分の環境では容量が小さくなりました。

設定を変える前に、サンプル画像をImageOptimで圧縮すると。。。

設定変更前の圧縮率

圧縮率がたったの10.5%と残念な数字。

超不満です(涙)

設定を変える

ImageOptimの環境設定を変えていきましょう!!

手順は、いたってかんたん♪

ImageOptimの右下のsettingをクリックし、環境設定画面を開きます。

ImageOptimの設定を変える

そしてQualityタブを選択し、「非可逆性圧縮を有効にする」にチェックを入れるだけ!

画像の品質に関して、細かく指定出来るみたいですが、よく分からないので80%にしてます。

設定変更後の圧縮率

さて、設定を変えたので、サンプル画像をImageOptimにドラッグ&ドロップ♪

設定変更後の圧縮率

91.9%まで、数字が跳ね上がりました!!

おー!!コレコレ♪

大満足の成果!!

見比べても、言われてみれば若干劣化してるかな〜?って感じで全く気になりません。

設定変えただけで、ここまでパフォーマンスが上がるなんて(汗)

目からウロコが落ちるとは、まさにこの事ですね(汗)

大きさ 幅×高さ
オリジナル画像 1,878,926 バイト 4032 × 2268
リサイズ後 366,974 バイト 800 × 450
設定変更前 328,308 バイト 800 × 450
設定変更後 29,751 バイト 800 × 450

1,878,926 バイトあったオリジナル画像が、最終的には29,751バイトまで小さくなりました♪

設定変更前と、設定変更後だけ見ても90%近く違いますね(汗

今まで、知らなくて損した気分です。

今日のお宝は?

ImageOptimは、そんなに頻度は高くないですが、2年近く利用してました。

その間、変だなぁ~とは思ってましたが、ずーっと間違ってましたね♪

こんな初歩的な事を知らなかったのは、自分だけかも知れませんが、今後は容量が節約出来そうです(笑

スポンサーリンク

ImageOptimの設定を変える



Love Your Life!!
ニュースレター

トレジャーハンターなライフスタイルの楽しみ方♪

苗字(必須)

Emailアドレス(必須)