パーペチュアルトラベラーという生き方


はじめに

今日は、パーペチュアルトラベラーと呼ばれるライフスタイルについて取り上げたいと思います。

自分の目標としている生き方の一つです。

日本語に訳すると、永遠の旅行者でしょうか。。。

一カ国に3ヶ月未満しか滞在せず、国を変えて移動を続ける人達を指します。

富裕層の一部の人達が実践している、このライフスタイル。

実は、お金持ちが圧倒的なスピードで資産を増やすための秘密があります。

属地制とは?

日本もそうですが、世界中の大半の国は属地制という税制をとっています。

住んでいる国で税金を納めるこの制度には、どの国にも住んでいなければ、税金を納める

必要がないという“ 穴 ” があります(笑

パーペチュアルトラベラーは、短期間での移動を繰り返すことで、

どの国にも属さない立場になり税金を納める義務を持たない究極の節税スキームなのです。

税金を払う必要がなくなるメリット

ビジネスをするうえで最も高いコストの一つである税金。

大きな資産を築くために、税金を回避することは非常に重要となってきます。

日本の場合、高所得者は40%も税金を取られるので、

払うのと払わないのでは、残るお金に大きな差がでますよね。

海外で資産を運用する

海外には日本には金融商品取引法という法律で規制されていて、

入ってこない非常に投資効率のいい案件が数多くあります。

これらの投資案件を、キャピタルゲインや配当に課税されない国で

複利を活かして運用し大きな利益を得ることが出来るのです。

パーペチュアルトラベラーになりたい

一昔前までは、富裕層にしか許されなかった

このパーペチュアルトラベラーというライフスタイル。

インターネットとローコストキャリアの普及で

かなりハードルが下がりました。

インターネットを活用し稼ぐ力を身につければ、

世界中どこにいても収益をあげることが出来ます。

今やLCCを使えばアジア内であれば、

片道1万円程度で旅が出来る時代となりました。

パーペチュアルトラベラー達は、バスに乗るような感覚で

国を移動し自由な時間を楽しみながら大きな資産を構築しています。

まとめ

日本は、返すあてのないほどの巨額な借金をはじめ、

少子高齢化や医療・介護など、多くの問題を抱えています。

グローバル化による職の国外流出も加速していきます。

決して楽観視出来る状態ではないのです。。。

先の見えない時代、これらの問題を他人事と捉えずに、

国に頼らずに生きていくチカラを身につける必要があります。

このパーペチュアルトラベラーというライフスタイルは、

そのための選択肢の一つになるのではないでしょうか?

何より、世界中を自由に移動しながらの生活。

憧れますよね♪

スポンサーリンク




Love Your Life!!
ニュースレター

トレジャーハンターなライフスタイルの楽しみ方♪

苗字(必須)

Emailアドレス(必須)